↑ホ−ムペ−ジTOP


肝付きホタテの誕生秘話


先代からの聞いたところをまとめてみました。

昭和40年代に北海道でホタテの養殖が盛んになり

「殻付きホタテ」が河岸に入荷するようになりました。

ある時、江戸ッ子寿司に北海道のお客様がご来店になられ

そのお客様から「ホタテの肝も鮮度が良いので食べると

美味しいよ!」と教えていただきました。

肝は食べれないと思い込んでいましたので 半信半疑で食

べて みたところ、とても美味しかったので店で少し生臭さを

取る工夫を してお出ししたところ評判になりました。

先代が工夫に工夫を重ねて、現在の握りの形になったよう

です。

殻ホタテのヒモの食感と、身と肝の旨みのバランスが大い

に受けた 理由ひとつです。

でも、握る技術が無いと形にならないし、他の商材に比べる

と 握るのに苦労します。

あと鮮度の良いものしか商品にならず、築地魚河岸の仲買

さんにはいつも苦労を掛け続けています。

当時から毎日商品の売り切りを心掛けていたので、殻のホ

タテを 売り続ける ことが出来ました。

その鮮度の良さがお客様より支持されたのかもしれません

又、開業当時から15年前まで当店はお箸を出さずに昔な

がらの 手で食べる方式だったので、お客様にも受け入れら

れたのかも 知れません。

食べる方もお箸だと食べにくいかと思います。

手で食べる技術も いるかと思います。

 

 

■江戸ッ子寿司 お客様係り
東京都千代田区内神田2-16-8第五氏家ビル102
神田江戸ッ子寿司 お客様係り 03-3258-6589 宮前 鶴巻
 E-mail info@edokko.co.jp `島