↑ホ−ムペ−ジTOP

 

 

 

 

 

 

 

新子シンコ・(2017/07/上旬- 

寿司食いの江戸ッ子が好んで食べる旬の魚。コハダの子供です。
夏の風物詩!この時期にしか食べられない一品。

小さくて仕込が大変!板さん泣かせの魚ですが腕の見せ所です。
今年も全店で頑張って販売いたします。

写真は6匹付けですがもう少し大きくなって2匹から4匹付け位で握り、提供します。

 

 

 

石垣貝(2017/06/15-

三陸で養殖が成功して良質の物が鮮度良く出回っています。

 

 

 

 

鰯(イワシ)(2017/05/20- 

梅雨時にかけて豊富な動物性プランクトを沢山食べてマルマルと太ります。年中食べられますが脂ののりは今が一番!

今年は脂の乗りのよい上物が早めに出回っています。

DHA等栄養素もたっぷりのイワシです。

 

 

 

鯒(コチ)(2017/05/07-

夏場の白身の高級魚。

シコシコしていて身質は冬のフグにそっくりで

淡白で旨い。

 

 

 

鯵(アジ)・(2017/05/01-

 

年中食べられ全国各地から入荷しますが夏に脂ののる珍しい魚?です。

秋刀魚と共に近年DHA・EPAの含有量で郡を抜き一躍中高年のアイドルになりました。血液サラサラで健康的な生活を!


 

 

伊佐木(イサキ)・(2017/05/01-

 

夏を伝える魚の一つです。

鯛に似た魚ですが刺身の他小型のものは焼き物にします。

皮目を湯引きして提供します。


 

 

 

 

生鳥貝(ナマトリガイ)・(2017/03/15-

毎年この時期になると生の鳥貝が入荷します。

かなり大きくなり提供できるようになりました。

生きているので甘味が違います握り寿司の粋さ!


 

 

 

岩牡蠣(イワガキ)(2017/03/15-

今年一番早い岩牡蠣の産地・隠岐。

島根県隠岐のイワガキが入荷中!

牡蠣ファンにはこたえられない一品!

産地はこれから各地へ

 

 

 

 

 

初ガツオ(のぼりガツオ)・(2017/03/15-

目に青葉 山ほととぎす 初鰹

でお馴染みのカツオです。初物好きの江戸っ子に人気のカツオの登場です。


春物の脂気がないさっぱりした独特の風味は江戸の昔より愛されています。

 

 

 

 

帆立貝(ホタテガイ)きもつき・(2017/02/01-

江戸っ子寿司春の隠れベストセラ−商品ホタテの肝付きの登場です。やっと肝が少し大きくなり今から5月まで提供できるようになりました。(一部店舗から)

ホタテの身とひものコリコリ感と肝の甘みが絶妙です。初めは肝に抵抗ありますが一度だまされたと思って食べてみてください。きっとやみつきになると思います。

その日北海道から入荷した物を河岸で貝から外して調理した物で鮮度は抜群!貝はイカと同じで鮮度が良い物ほど甘みがあって美味しいです。

 

※ 肝付ホタテ誕生エピソ−ド
http://www.edokko.co.jp/b/news/epsood-1.htm

 

 

 

 

ウニとイクラの豪華2点盛り(1995/10〜

江戸ッ子寿司のベスト1商品! (^_-)-☆

20年間ベスト1商品 今は「豪快4点盛り」に

その座を明け渡しつつあります。

  ¥930- (税込)

(ウニとイクラが普段は別皿で出てきます)

 

 

 

 

カワハギ(カワハギの肝合え)(2016/11/25-

そろそろカワハギの肝も大きくなり始めました。魚の姿からは想像できない美味しさがあります。

淡白な身と上品な肝の組み合わせは最高!日本人にしかこの淡い味わいは分からないでしょうね。

 

 

 

 

青柳(アオヤギ)別名馬鹿貝(2016/11/01-

年中食べられる貝ですが夏にかけて産卵期を迎えるので今の寒中が意外と身が締まっていて美味しい。

貝柱は蕎麦屋でかき揚げにされる古典的な商材であまり知られていない。

別名馬鹿貝(自分の足を貝を閉じるときに挟んでしまうせいか?)

産地は千葉県青柳産富津産が有名、それでアオヤギという名前がついた。今は北海道や愛知三河湾、韓国産も入荷は多い。

 

 

 

 

白子(2016/10/01- 

これから旬の真鱈の精巣です!

湯通しして軍艦巻きにして握ります。

この季節だけの一品です。ふっくらとした白子の甘みが最高です。

あと白子ポンズのおつまみもいけます。

江戸之家と南口店彩では天婦羅にして衣のサクサク感を加えて提供しております。

 

 

 

 

アンキモ(あんこうの肝)(2016/10/01-

アンキモ軍艦

アンキモポン酢

 

 

 

イクラ(筋子・鮭の卵)(2016/08/28-

北海道産の筋子(鮭の卵)が今月下旬より入荷しています。この時期の生イクラは醤油漬けが最高の美味。

まだ小粒ですが冷凍品とは一味違います。

10月になると三陸に漁場が移ってゆきます。

北海道産が河岸では珍重されて評価が高いです。

 

 

 

戻りガツオ(もどりガツオ)・(2016/08/28-


春物の脂気がないさっぱりした独特の風味とはちがい
三陸沖でたっぷり餌を食べて脂が乗っています。

今年はまだ脂の乗ったカツオが少ない。

秋の戻りガツオを召し上がれ!写真は初ガツオ(-_-;)

 

 

 

 

秋刀魚(サンマ)(2016/08/23-

北海道の東海域、北方4島付近で育ったサンマが親潮に乗って産卵のために南下し始めます。

 

これから三陸から大型船も出て、値がぐっと庶民的になります。

 

 

 

 

 

ウニとイクラの豪華2点盛り(1995/10〜

江戸ッ子寿司のベスト1商品! (^_-)-☆

20年間ベスト1商品 今は「豪快4点盛り」に

その座を明け渡しつつあります。

  ¥930- (税込)

(ウニとイクラが普段は別皿で出てきます)

 

 

 

 

カキ(牡蠣)(2015/10/09〜

いよいよ寒くなってカキのシ−ズンの到来です

カキファンには鍋にフライにカキ酢にと堪えられない美味さです。

栄養たっぷりで美味しいです。

今年、三陸産が完全復活!三陸の海は落ち着き始めています。

 

 

 

 

アンキモ(あんこうの肝)(2015/10/01-

アンキモ軍艦

アンキモポン酢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■江戸ッ子寿司 お客様係り
東京都千代田区内神田2-16-8第五氏家ビル102
神田江戸ッ子寿司 お客様係り 03-3258-6589 浦野、宮前、鶴巻
 E-mail info@edokko.co.jp 配島